託児ビジネスを始めて儲ける方法 

情報起業支援プログラム--知識・ネタ無しでもオリジナル教材を作成することができます

政府の後押しで子育て支援ビジネスが注目!需要(待機児童数)は皆さんご存知の通り目を見張るものがあります。

サイトマップ

保育スタッフと有資格者

託児所に必要なスタッフ数は、定員何名なら何名必要というような明確な規定はありません。



年齢ごとに定められた規定はありますが、通常は年齢分けせずに預かりますし、一時預かりもあります。

多くのところは年齢構成に関係なく、定員25名程度までで、1つの施設に最低必要な2名で対応可能として運営しているようです。

夜間や深夜の場合は預かり人数に関係なく、保育スタッフは常時2名以上(うち有資格者が1名以上必要)必要です。

24時間営業の場合は、フルタイムなら有資格者3名とその他3名(有資格者24時間とその他24時間)が最低必要人数です。

基本は保育者1名につき乳児なら3名、1〜2歳児は6名、3歳児は20名、4歳児以上は30名となっています。

保育資格は、全員が保育士である必要はありませんが、利用者から見て、全員が保育士であるほうが受けはいいかもしれません。

保険会社によっては、保育資格者の人数等によって、保険料が違う場合もあります。

理想としてはスタッフ全員が保育士であればいいのですが、現実には難しいことです。

けれどもたとえばパートタイムの保育士でも、パートの総勤務時間が8時間に達すればフルタイム1名でカウントすることができます。

保育スタッフ2名の託児所ならば、パート保育士全員の総勤務時間が16時間を越えれば、その条件を満たすことができるというわけです。

ただ、パートの保育士ばかりだと、いろいろな面でマイナス要因が出てくるので、保育士2名で開業するのなら、フルタイム1名、パート1名の体制がいいでしょう。

そして、経営者が有資格者だとフルタイム保育士が急に休むことになった場合などに代わりを務めることができるので都合がいいと思います。

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
少子化でも待機児童はなくならない
託児ニーズは高まっている
今どきの託児ニーズ
託児ニーズの様々な形
企業と託児ビジネス
ビジネスとしての託児の分類
小規模経営での特性
ボランティアとしての託児
開業の条件とは
託児所の開業の手続き
ベビーシッター業の形態
経営に関してプロである必要はない
フランチャイズ加盟
託児をビジネスにできますか?
どんな個性を考えますか?
どんなサービス形態でやりますか?(託児所)
どんなサービス形態でやりますか?(ベビーシッター業)
起業の方法はどうしますか?
資金の準備はありますか?
開業後の利益はどれくらいになりますか?
どこで開業しますか?
どの時期に開業しますか?
物件探しと立地調査
物件のいろいろ、選ぶときのポイント
必要設備・備品の考え方
運営に際しての決定項目・託児所
運営に際しての決定項目・ベビーシッター業
必要となる書類
保険の加入
各種届出
スタッフの質が成功のカギ
保育スタッフと有資格者
ベビーシッター業の問題点
就業規則の作成
スタッフの募集の仕方
採用基準と採用方法
人材育成とマニュアル
コーディネーターの業務
まずは存在の周知
宣伝媒体
チラシの作成
チラシの配布
電話応対
ホームページの良いところと悪いところ
営業活動について
営業活動の武器
子どもの体調急変への備え
安全対策
一時預かりの対応
記録の必要性
クレーム対応
保護者とのコミュニケーション
面接の必要性
経費の節約
子どもで儲けることは間違ったことではない
託児所の新しいサービス
利用者のニーズと経営方針
これからの託児所の形
積極的にビジネスチャンスをつかむ
同業者との協力体制
多拠点化を目指す
託児ビジネスにおける有利な資格
運営上の必要書類
★資格起業育成プログラム★資格を有効活用し、起業を目指す!
【海外起業】浅野哲著:アジアに挑戦して勝つ技術!!
情報起業最短成功バイブル パソコンど素人の主婦が1日15分程度の片手間作業で月収178万円以上を稼いでしまった方法!
簡単モバイル情報起業 アルティメットモバパッケージ



託児ビジネスを始めて儲ける方法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。