託児ビジネスを始めて儲ける方法 

情報起業支援プログラム--知識・ネタ無しでもオリジナル教材を作成することができます

政府の後押しで子育て支援ビジネスが注目!需要(待機児童数)は皆さんご存知の通り目を見張るものがあります。

サイトマップ

子どもの体調急変への備え

子どもを預かるに当たって、備えを十分にしておかなければならないのは子どもの体調についてです。



子どもは病気にかかりやすく、突然体調をくずすことも日常的に起こりうることです。

集団での食中毒や感染症は別にして、具合が悪くなった子どもに万一のことがあれば責任の所在がはっきりはしなくてもイメージダウンになってしまいますし、過失がなくても責任を感じてしまうことになります。

健康管理や衛生管理をするとともに、防御策や対処法をマニュアル化しておくことが必要です。

そのための環境作りも同時に考えるようにしてください。

ベビーシッター業の場合は、子どもの状態の把握などはベビーシッター任せになってしまいますが、子どもを預かる前に子どもの体質(アレルギーなど)や健康状態、服薬の有無などを正確に聞き取ってベビーシッターに指示するコーディネーターの能力も重要になります。

そしてベビーシッターの研修や報告を徹底させることです。

保護者が子どものその日の体調について連絡する連絡票のようなものを作成して保護者に記載を依頼することもありますが、保護者によっては面倒がる人もあるので、書式については工夫が必要です。

選択式にするなど、なるべく手間のかからないような書式がいいでしょう。

ただし細かく書き込みたい人もいるのでその分の記入欄も作っておくべきです。

保護者からの報告に関しては、鵜呑みにしてはいけません。

体調が悪いのをわかっていながら預ける保護者や連絡票に具合が悪いことを書かない保護者もいるので、参考にはしても実際には子どもの観察を行いながらスタッフが業務にあたるように指導してください。

薬の預かりを行う場合は必ず保護者に「与薬依頼書」を書いてもらって保管・与薬について慎重にしなければなりません。

薬の取り違えや用法・用量の間違いがないように、子どもが誤って口にしないように十分な注意をしてください。

服用時、服用後に体調の変化があったときにもすぐに対応できるように、子どもの観察を怠らないようにすることが必要です。

まとめて預かるのは管理が難しいので、預かりは、基本的には当日分のみが望ましいでしょう。

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
少子化でも待機児童はなくならない
託児ニーズは高まっている
今どきの託児ニーズ
託児ニーズの様々な形
企業と託児ビジネス
ビジネスとしての託児の分類
小規模経営での特性
ボランティアとしての託児
開業の条件とは
託児所の開業の手続き
ベビーシッター業の形態
経営に関してプロである必要はない
フランチャイズ加盟
託児をビジネスにできますか?
どんな個性を考えますか?
どんなサービス形態でやりますか?(託児所)
どんなサービス形態でやりますか?(ベビーシッター業)
起業の方法はどうしますか?
資金の準備はありますか?
開業後の利益はどれくらいになりますか?
どこで開業しますか?
どの時期に開業しますか?
物件探しと立地調査
物件のいろいろ、選ぶときのポイント
必要設備・備品の考え方
運営に際しての決定項目・託児所
運営に際しての決定項目・ベビーシッター業
必要となる書類
保険の加入
各種届出
スタッフの質が成功のカギ
保育スタッフと有資格者
ベビーシッター業の問題点
就業規則の作成
スタッフの募集の仕方
採用基準と採用方法
人材育成とマニュアル
コーディネーターの業務
まずは存在の周知
宣伝媒体
チラシの作成
チラシの配布
電話応対
ホームページの良いところと悪いところ
営業活動について
営業活動の武器
子どもの体調急変への備え
安全対策
一時預かりの対応
記録の必要性
クレーム対応
保護者とのコミュニケーション
面接の必要性
経費の節約
子どもで儲けることは間違ったことではない
託児所の新しいサービス
利用者のニーズと経営方針
これからの託児所の形
積極的にビジネスチャンスをつかむ
同業者との協力体制
多拠点化を目指す
託児ビジネスにおける有利な資格
運営上の必要書類
★資格起業育成プログラム★資格を有効活用し、起業を目指す!
【海外起業】浅野哲著:アジアに挑戦して勝つ技術!!
情報起業最短成功バイブル パソコンど素人の主婦が1日15分程度の片手間作業で月収178万円以上を稼いでしまった方法!
簡単モバイル情報起業 アルティメットモバパッケージ



託児ビジネスを始めて儲ける方法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。