託児ビジネスを始めて儲ける方法 

情報起業支援プログラム--知識・ネタ無しでもオリジナル教材を作成することができます

政府の後押しで子育て支援ビジネスが注目!需要(待機児童数)は皆さんご存知の通り目を見張るものがあります。

サイトマップ

一時預かりの対応

イベント会場などでの一時的な預かりをする場合独特のリスクがあります。



その場限りの短時間の預かりなのでリスクが低いように考えがちですが、そうとは言えません。

まず、預かる環境がその場所ごとに違ってきます。

託児スペースの環境はこちらで作っていかなければなりませんが、イベントの主催側の要望や方針、開催場所や時間などがそれぞれ違うわけですから、一定の環境が保障されるわけではありません。

基本的なことはマニュアルを作成しておき、確認などを徹底しておく必要があります。

危険物や危険箇所、非常口、消火設備の確認はどの会場でもすばやくチェックして頭に入れるようにしましょう。

その他、死角となる場所を作らない、託児スペース内はシンプルにする、託児スペースにはウレタンマットを敷くなどは基本的なポイントです。

スタッフの人数は法的な規定があるわけではありませんから企画会社の方針などによっても違ってきます。

スタッフ1名当たり0歳から2歳児は2名、3歳児は3名、4歳以上は5名までで利用人数が少ない場合でも原則スタッフ2名以上としている会社や、スタッフ1名当たり0歳児なら1名、1歳児は2名、2歳以上は3名としている会社など、それぞれです。

子どもは不慣れな場所で精神的に不安定になることが多いですし、スタッフも子どもの特徴をつかんでいるわけではありません。

また、スタッフ間の連携も臨時の会場ではスムーズにいかないこともあるでしょう。

ですから一般的な託児所などとはちがって、スタッフには柔軟性が求められます。

預かりの受付は事前に電話予約で受け、書類を送付して、事前に料金を振り込んでもらうシステムが多いです。

問題が多いのがイベント終了後の子どもの引き渡しです。

防犯のための工夫などが必要になってきます。

半券を用意して保護者を特定できる要件を記入するとか、携帯番号を記入する、子ども同伴の写真をあらかじめ持参させるなどの方法があります。

預かる時間が短いからといって、危険が少ないわけではありません。

様々なリスクを想定して子どもの安全の確保に努めてください。

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
少子化でも待機児童はなくならない
託児ニーズは高まっている
今どきの託児ニーズ
託児ニーズの様々な形
企業と託児ビジネス
ビジネスとしての託児の分類
小規模経営での特性
ボランティアとしての託児
開業の条件とは
託児所の開業の手続き
ベビーシッター業の形態
経営に関してプロである必要はない
フランチャイズ加盟
託児をビジネスにできますか?
どんな個性を考えますか?
どんなサービス形態でやりますか?(託児所)
どんなサービス形態でやりますか?(ベビーシッター業)
起業の方法はどうしますか?
資金の準備はありますか?
開業後の利益はどれくらいになりますか?
どこで開業しますか?
どの時期に開業しますか?
物件探しと立地調査
物件のいろいろ、選ぶときのポイント
必要設備・備品の考え方
運営に際しての決定項目・託児所
運営に際しての決定項目・ベビーシッター業
必要となる書類
保険の加入
各種届出
スタッフの質が成功のカギ
保育スタッフと有資格者
ベビーシッター業の問題点
就業規則の作成
スタッフの募集の仕方
採用基準と採用方法
人材育成とマニュアル
コーディネーターの業務
まずは存在の周知
宣伝媒体
チラシの作成
チラシの配布
電話応対
ホームページの良いところと悪いところ
営業活動について
営業活動の武器
子どもの体調急変への備え
安全対策
一時預かりの対応
記録の必要性
クレーム対応
保護者とのコミュニケーション
面接の必要性
経費の節約
子どもで儲けることは間違ったことではない
託児所の新しいサービス
利用者のニーズと経営方針
これからの託児所の形
積極的にビジネスチャンスをつかむ
同業者との協力体制
多拠点化を目指す
託児ビジネスにおける有利な資格
運営上の必要書類
★資格起業育成プログラム★資格を有効活用し、起業を目指す!
【海外起業】浅野哲著:アジアに挑戦して勝つ技術!!
情報起業最短成功バイブル パソコンど素人の主婦が1日15分程度の片手間作業で月収178万円以上を稼いでしまった方法!
簡単モバイル情報起業 アルティメットモバパッケージ



託児ビジネスを始めて儲ける方法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。