託児ビジネスを始めて儲ける方法 

情報起業支援プログラム--知識・ネタ無しでもオリジナル教材を作成することができます

政府の後押しで子育て支援ビジネスが注目!需要(待機児童数)は皆さんご存知の通り目を見張るものがあります。

サイトマップ

託児ビジネスにおける有利な資格

託児関連ビジネスにおいて役に立つ資格、工夫やアイデア次第で同業他社と違った展開で事業を行えるような資格はいくつかあると思いますが、その例と説明を示します。



参考にしてください。

試験や講習で取得可能な資格

保育士 ・保育のプロを意味する国家資格
・利用者からの信頼も篤い
・公的な保育の分野や託児関連ビジネスの分野においてそのニーズが高い
・一般的には厚生労働大臣指定の養成校を卒業して取得するが、都道府県単位で実施する試験に合格して取得することもできる
《受験資格》短大卒業以上(大学に2年以上在籍し62単位以上修得した者も可)の者
《試験時期》年1回 筆記試験8月上旬、実技試験10月中旬(筆記試験合格者のみ)
《問合先》(社)全国保育士養成協議会・保育士試験事務センターhttp://www.hoyokyo.or.jp
認定ベビーシッター ・ベビーシッター資格の中で最もメジャーな民間資格
・(社)全国ベビーシッター協会が主催する
・「認定ベビーシッター資格取得指定校」として協会が指定した保育士養成校で取得可
・協会主催の研修後に試験で取得することも可
《受験資格》18歳以上 協会主催の研修T・Uの終了証を持ち、ベビーシッターの実務経験がある者
《試験日程》年1回(7月上旬 筆記試験のみ)
《問合先》(社)全国ベビーシッター協会 http://www.netcircus.com/babysitter
日本チャイルドマインダー協会認定 チャイルドマインダー ・イギリスのNCMA(National Child-minding Association)と提携しているNCMA-Japanの養成セミナーを受講し、同協会が主催する検定試験に合格することで得られる資格
・養成セミナーは資格や子育て経験の有無などにより3つのコースと通信講座がある
・保育士などの資格取得者向けの特待生コースは約1ヶ月半 初心者向けの本科コースは3ヶ月
《受験資格》認定校の養成セミナーの修了者
《試験時期》毎月1回〜数回
《問合先》NPO法人日本チャイルドマインダー協会
新保育学会認定チャイルドマインダー チャイルドコーチング ・新保育学会の指定校であるチャイルドマインダージャパンの養成講習を受講し、同学会が主催する試験に合格することで取得可能
・養成講座は全日コースの場合、週1回(5時間)の授業が全10日間 週1回9日間の経験者コースなどもある
《受験資格》指定養成講座を1年以内に修了している者 講座受講資格は18歳以上
《受験時期》随時(ただし養成講座修了後1年以内)
《問合先》NPO法人 新保育学会 http://n-method.com
幼児安全法支援員 ・日本赤十字社が実施する支援員養成講習会に参加し、検定試験に合格することで認定される資格
・幼児期に起こりやすい事故とその予防、手当の実際、かかりやすい病気と看病の仕方などの知識と技術を学ぶ
・所要時間は12時間(検定を除く) このほかに所要時間3時間(検定なし)で受講証のみが交付される一般講習もある
《受講資格》満15歳以上
《開講時期》支部ごとに異なる
《問合先》日本赤十字各支部 日本赤十字社 http://www.jrc.or.jp
普通救命技能認定 ・心肺蘇生法やAED(自動体外式除細動器)の使用方法などを学ぶ普通救命講習(3〜4時間)の受講で得られる資格
・AEDとは心電図を解析して電気ショックが必要な不整脈を判断する、高性能の心電図自動解析装置を内蔵した医療機器 1歳以上に対して使用可能
《受講資格》原則中学生以上で、講習を行う消防署の管轄内に在住または在勤・在学している者
《開講時期》消防署ごとに異なる 東京都は(財)東京救急協会HPで確認可能
《問合先》各消防署
小児救急救護法 (小児MFA) ・救急法と心肺蘇生法を同時に習得できる国際的な講習プログラムであるメディック・ファースト・エイド(MFA)のうち、新生児から8歳くらいまでを対象とする講習
・救急時の対処法、予防、注意事項などを8〜10時間でフルに習得する小児MFAコースの他、一刻を争う救命に不可欠な技術だけを5〜6時間で習得する小児CICコースなどがある
・インストラクター養成のためのコースもある
《受講資格》12歳以上 ※インストラクターコースは18歳以上
《開講時期》HP参照
《問合先》MFAジャパン株式会社 http://www.mfa-japan.com
認定子育てアドバイザー ・育児に不安を抱える親の心に耳を傾け、安心して子育てに取り組めるようアドバイスするプロのための資格
・初級(6回の講座)、中級(6回の講座)、上級(5回の講座+認定テスト)というステップで行われる
・1回の講座は2時間 各級2〜3ヶ月で修了
《受講資格》制限なし
《開講時期》講座は各級とも年3回開講 4月期(4月〜6月)、9月期(9月〜11月)、1月期(1月〜3月)
《問合先》NPO法人日本子育てアドバイザー協会 http://www.kosodate.gr.jp
幼児体育指導者検定 ・幼児体育指導者は、幼児から小学校低学年までの児童を対象に体育を教える専門家 1〜3級があり、1級の上にさらにプロフェッショナルというランクもある
・認定校を卒業する以外に、3日間の集中講座による取得も可能 初日と2日目に講義と実技が行われ、最終日に行われる実技認定試験に合格することで認定が受けられる
《受講資格》2・3級は18歳以上 1級は2級取得後1年以上の実務経験が必要
《開講時期》年に数回
《問合先》(社)幼少年体育振興協会 http://www.youtai-kyokai.com
おもちゃコンサルタント ・おもちゃの企画・立案・アドバイスなどを多方面に展開する専門家を認定する資格
・取得方法には通学(場所は東京・中野のみ)と通信の2種類があり、通信コースは合計5回のレポート提出と、東京会場において1泊2日で行われるスクーリング(3・7・11月のいずれか1回)が義務づけられている
・この資格の主催者はおもちゃインストラクターの認定も行っている
《受講資格》子どもやおもちゃに関心のある者
《開講時期》通信コースは随時
《問合先》NPO法人 日本グッド・トイ委員会 http://www.13.plala.or.jp/goodtoy
話しことば検定 ・コミュニケーション能力を客観的に判定する資格試験で、語彙や敬語などに関する知識や場面に応じた表現技術などを審査
・日々の応対で利用者に好印象を与えられる他、自分が取得しておけば従業員教育にも使える
・1〜3級があり、3級は筆記とリスニング、2級以上はスピーキングも加わり、より高度なコミュニケーション能力が問われる
《受験資格》制限なし
《試験時期》1級が5月、2・3級が12月
《問合先》NPO法人 日本話しことば協会 http://www.hana-ken.com
実用マナー検定 ・社会人として必要なマナーの習熟度を評価するための資格 1級、準1級、2級、3級がある
・利用者に「しつけを任せられる人物」というイメージをもってもらえれば、マナー教育を売りにすることも可能
・3級・2級・準1級は在宅での受験(筆記試験のみ)が一般的
・1級は指定された会場で実施(実技試験あり)
《受験資格》3級は制限なし 2級以上は前級の合格者
《試験時期》随時(1級は不定期で年3回程度)
《問合先》マナー文化教育協会 http://www.manaken.net
※他団体主催のマナー検定もある
食品衛生責任者 ・食品の製造販売、あるいは飲食店などの営業許可を受ける際に必ず必要な資格
・託児所の開業には必要ないが、従業員の衛生教育、食品取扱い設備の管理などに知識が役立つ
・1日6時間の講習を受ければ、受講修了証が即日もらえる 講習の最後に試験が行われるが合否判定は行われない
《受験資格》制限なし(都道府県によっては制限あり)
《受講日》各都道府県で異なる(東京都は7〜8回)
《問合先》各都道府県の衛生局あるいは保健所
防火管理者(乙種) ・万一の火災に備え、消防設備の点検整備や避難訓練の実施など防災活動を中心となって行う人のための資格
・託児所への配置義務はないが、防災に対する意識が高い託児所であることを外部にアピールできる
・講習を丸1日受け、最後に行われる簡単な試験に合格すれば取得できる
《受験資格》事務所における防火管理義務対象物の防火管理者として選任される予定のある人
《受講日》消防署ごとに異なる (財)日本防火協会HPで確認可能http://www/n-bouka.or.jp
《問合先》各消防署

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
少子化でも待機児童はなくならない
託児ニーズは高まっている
今どきの託児ニーズ
託児ニーズの様々な形
企業と託児ビジネス
ビジネスとしての託児の分類
小規模経営での特性
ボランティアとしての託児
開業の条件とは
託児所の開業の手続き
ベビーシッター業の形態
経営に関してプロである必要はない
フランチャイズ加盟
託児をビジネスにできますか?
どんな個性を考えますか?
どんなサービス形態でやりますか?(託児所)
どんなサービス形態でやりますか?(ベビーシッター業)
起業の方法はどうしますか?
資金の準備はありますか?
開業後の利益はどれくらいになりますか?
どこで開業しますか?
どの時期に開業しますか?
物件探しと立地調査
物件のいろいろ、選ぶときのポイント
必要設備・備品の考え方
運営に際しての決定項目・託児所
運営に際しての決定項目・ベビーシッター業
必要となる書類
保険の加入
各種届出
スタッフの質が成功のカギ
保育スタッフと有資格者
ベビーシッター業の問題点
就業規則の作成
スタッフの募集の仕方
採用基準と採用方法
人材育成とマニュアル
コーディネーターの業務
まずは存在の周知
宣伝媒体
チラシの作成
チラシの配布
電話応対
ホームページの良いところと悪いところ
営業活動について
営業活動の武器
子どもの体調急変への備え
安全対策
一時預かりの対応
記録の必要性
クレーム対応
保護者とのコミュニケーション
面接の必要性
経費の節約
子どもで儲けることは間違ったことではない
託児所の新しいサービス
利用者のニーズと経営方針
これからの託児所の形
積極的にビジネスチャンスをつかむ
同業者との協力体制
多拠点化を目指す
託児ビジネスにおける有利な資格
運営上の必要書類
★資格起業育成プログラム★資格を有効活用し、起業を目指す!
【海外起業】浅野哲著:アジアに挑戦して勝つ技術!!
情報起業最短成功バイブル パソコンど素人の主婦が1日15分程度の片手間作業で月収178万円以上を稼いでしまった方法!
簡単モバイル情報起業 アルティメットモバパッケージ























































託児ビジネスを始めて儲ける方法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。