託児ビジネスを始めて儲ける方法 

情報起業支援プログラム--知識・ネタ無しでもオリジナル教材を作成することができます

政府の後押しで子育て支援ビジネスが注目!需要(待機児童数)は皆さんご存知の通り目を見張るものがあります。

サイトマップ

開業の条件とは

託児の仕事を始めるにあたっては、性別や年齢、資格、経験などは関係ありません。



誰でも開業することができます。

制度上、経営者に保育士などの資格や実務経験などは義務づけられていません。

託児所の場合は、決められた数の保育士、あるいは看護師を雇い入れる必要がありますが、経営者が資格を持っていなくても問題ありません。

(ただし、自治体からの助成を期待するならば資格や実務経験が必要な場合もあります。)

ベビーシッター業であれば、スタッフに関する規定もありません。

今後制度が変わって保育士資格や実務経験の有無が経営者の条件になることも考えられないと思います。

なぜならば、届出制以前に開業した経営者のなかで資格を持たない人が多く、現在規定の定められていないベビーシッター業の場合だと、経営者の資格を問う前にスタッフの規定を設けることが必要になってくるからです。

出産や子育ての経験は、経営者に必ず必要な条件とはなりません。

出産も子育ても、単に私的な経験というだけのことです。

問題となるのは、利用者やスタッフとの信頼関係を築ける人間性と、子どもが好きという気持ちなのです。

ですから、一般的に女性のほうが向いていると思われがちですが、性別も問題にはなりません。

また、定年もありませんから、何歳から始めても問題ありません。

定年後から開業することも可能です。

開業すること、経営者になることに縛りはないのですが、保育に関する基礎的な知識は身につけておくべきだと思います。

資格取得の勉強でも基礎知識は得られます。

この勉強は保育に関する知識だけではなく、経営、運営するにあたってアイデアが生まれることも期待できます。

また、保育に関する安全性を考えるときに、やはり多少なりとも学んでおくことは必要です。

たとえば乳幼児突然死症候群(SIDS)を知っていれば、眠っている子どものそばにスタッフを配置することを考えるでしょうし、虐待による心の傷がいかに深いものかということを理解できていれば、簡単に手を出すようなことは絶対にないことです。

知識がなければ無意識のうちに危険性も抱え込んでしまうことになります。

経営にあたって、経費の削りどころを誤ることがないようにしなければなりません。

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
少子化でも待機児童はなくならない
託児ニーズは高まっている
今どきの託児ニーズ
託児ニーズの様々な形
企業と託児ビジネス
ビジネスとしての託児の分類
小規模経営での特性
ボランティアとしての託児
開業の条件とは
託児所の開業の手続き
ベビーシッター業の形態
経営に関してプロである必要はない
フランチャイズ加盟
託児をビジネスにできますか?
どんな個性を考えますか?
どんなサービス形態でやりますか?(託児所)
どんなサービス形態でやりますか?(ベビーシッター業)
起業の方法はどうしますか?
資金の準備はありますか?
開業後の利益はどれくらいになりますか?
どこで開業しますか?
どの時期に開業しますか?
物件探しと立地調査
物件のいろいろ、選ぶときのポイント
必要設備・備品の考え方
運営に際しての決定項目・託児所
運営に際しての決定項目・ベビーシッター業
必要となる書類
保険の加入
各種届出
スタッフの質が成功のカギ
保育スタッフと有資格者
ベビーシッター業の問題点
就業規則の作成
スタッフの募集の仕方
採用基準と採用方法
人材育成とマニュアル
コーディネーターの業務
まずは存在の周知
宣伝媒体
チラシの作成
チラシの配布
電話応対
ホームページの良いところと悪いところ
営業活動について
営業活動の武器
子どもの体調急変への備え
安全対策
一時預かりの対応
記録の必要性
クレーム対応
保護者とのコミュニケーション
面接の必要性
経費の節約
子どもで儲けることは間違ったことではない
託児所の新しいサービス
利用者のニーズと経営方針
これからの託児所の形
積極的にビジネスチャンスをつかむ
同業者との協力体制
多拠点化を目指す
託児ビジネスにおける有利な資格
運営上の必要書類
★資格起業育成プログラム★資格を有効活用し、起業を目指す!
【海外起業】浅野哲著:アジアに挑戦して勝つ技術!!
情報起業最短成功バイブル パソコンど素人の主婦が1日15分程度の片手間作業で月収178万円以上を稼いでしまった方法!
簡単モバイル情報起業 アルティメットモバパッケージ



託児ビジネスを始めて儲ける方法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。